リングピロー

リング関係の小物 リングピロー

ピローとは英語で枕を意味します。リングピローとはそのままの意味でリンク用の枕、ということです。ウェディングアイテムとしても有名なリングピローは新郎・新婦が互いに交わす指輪をはめるその時まで置いておけるように考えられたリング用クッションとしての役割があり、その見た目のかわいさも相まって、お洒落でかわいらしいリング用小物として知られています。このページではウェディング用小物の一つであるリングピローについてご紹介します。

リングピローで指輪をもっとオシャレに

二人の絆となるリングを優しく受け止めるピロー

リングピローは結婚指輪を置いておくためのクッションですが、式当日にリングピローにリングを直接置くことを心配する声を良く耳にします。実際にリングピローを置いてみると分かりますが、確かに枕のようなクッションにそのままリングを置いておくとそのうち滑り落ちそうになるので心配になるのはごもっともです。しかし最近のリングピローは安心してリングを置いておけるよう、リングを引っ掛けておけるピローロープがついた物や、かわいらしい赤いリボンをリングに通し、そのリボンをピローに結びつけることで落ちないようにした上で見た目もかわいらしくしているタイプの物となっています。単にリングを置くだけならリングピローはいらない、と仰る新郎・新婦もいらっしゃいますが、結婚式の演出を担う小物ですので、かわいらしくお洒落なリングピローに載せるだけでも充分にインパクトのあるものとなると個人的には思います。

また、リングを互いにはめる段になって専用のケースから取り出すことを手間と考える人にとっては、リングピローに置かれたリングを取ってそのまますぐに指にはめることができるので、見た目にもスムーズになるのではないでしょうか。リングピローの利用は個人の自由ですが、見た目にも綺麗なリングピローで細かい演出をするのもまた、良い思い出になるのでオススメしたいところです。

リングピローとピローリボン

リングピローにはリングを止めるためのピローリボン、もしくは飾りとしてのピローリボンがついているタイプが多くあります。リングピローに結ばれているリボンには「リボで絆を結ぶ」という実にロマンティックな意味が込められており、見た目にも意味的にも充分に実用的なオプションだと言えるでしょう。ピンクのピローに栄えるように真っ赤なリボンでピロー全体を結び、その上に置かれた結婚指輪というのは、それを見ただけでウェディングとして最高の演出になるでしょう。

このリングピローは日本において結構な人気のあるウェディングアイテムですが、もともとはキリスト教の結婚式にのみ用いられていたもので、今でこそそこまで大きくはないものの元々は子供が座れる程度の大きさのクッションだったそうです。結婚後に生まれた赤ちゃんにはこのリングピローを枕として使用していたとされており、夫婦と子供全員の絆を支える大事なウェディンググッズだということが伺えます。

ウェディングのマストアイテム?リングピロー

元々はキリスト教の結婚式で慣例となっていたリングピローが日本に文化として伝わり現在に至るわけですが、無宗教の方が多く和洋折衷文化に慣れ親しんだ日本人にとってリングピローは絶対になくてはならないもの・・・というわけではありません。キリスト教独自の物であり、海外のウェディングに憧れる女性が多いこともあって日本でも多少定着しつつあるリングピローですが、必ずしも別途用意して式の望まなくても問題はありません。ただ、結婚式での演出においてリングピローほどメインを飾り目立つものもないので、こだわりの結婚式にしたい方にはオススメしたい一品です。リングピローは結婚式会場で貸し出ししているところが殆どなので、特に苦労なく用意できると思いますので、予算・時間等に余裕があるなら是非利用してみてください。

Valuable information

オーディション写真 大阪
http://studiozero-photography.jp/
セルフネイルでキレイに
http://www.ddd138.info/
法人 パソコン
http://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/info/houjin/
ピアノレッスン 東京
http://www.wings-music.com/piano.html
車 クッション
http://mission-praise.com/